6月27日 避難訓練
    with 消防車


6月の避難訓練は市沢消防署の協力を
いただきより実戦に近い訓練です。
地震がおき、それにともなって火災が発生した想定です。
けむりの中は真っ白でなにも見えません。
すぐ前にいるおともだちも、先生も、出口も見えません。
これ、ほんとです。


口をおさえ、けむりを吸い込まないようにして
体勢を低くしながら園庭に避難です。
かなり怖い体験でしたが、
かならず本番で役に立つことでしょう。


この消防車には1.5トンの水がつまれています。
でも強力なポンプでたった3分間で放出することができるそうです。
つまり、3分間で火事をやっつけないと
この消防車は補給を受けるまで使えなくなってしまうのです。
ヘエ!ヘエ!ヘエ!ヘエ!ヘエ!ヘエ!


消防士のお兄さん達が使う酸素ボンベと耐火服を見せてもらいました。
あとで着せてもらったけど、本当に重くて、暑くて大変だった。
消防士さんってとってもパワフル!


消火器にも触らせてもらいました。
時間がなく全員はできなかったけど、
訓練用の消火器から、水を発射!


火事や消防車について、いろいろなこと勉強しました。
大切なことは、火事をおこさないこと。
花火をする時や、ストーブを使っている時などは
安全にじゅうぶん注意しましょうね。